カイケンコーポレーション

MENU

季節を味わう おもやの食卓
          なんでもいつでも揃ういまこの時代に、あらためて「旬」のものを見直してみたいと思います。
          旬のものは、体にいいし、なんといっても、おいしくいただけますから。
          季節を味わうレシピとともにお楽しみください。

秋の旬食材 きのこ

きのこを短時間さっと茹でることで、つるんとした食感になり、白ワインに合うさっぱりサラダになります。
使うきのこを1種類に絞って作っても、色々なきのこを混ぜて作っても美味しく楽しくいただけます。
きのこと合わせる雑穀は、今回はスペルト小麦を使いましたが、 キヌアや押し麦、モチ麦などでも美味しくできますし、炊いた玄米や白米、クスクスなどを加えてもOKです。

OMOYA recipe #013 きのこと穀物の秋サラダ

材料

きのこ … お好きなもの100g
(今回は、しいたけ、しめじ、
マッシュルーム、エリンギ)
穀物 … 大さじ2
(押し麦、キヌア、炊いた白米や
玄米などお好きなもの)
ゆで卵 … 2個
パセリ … お好きな量
ブラックオリーブ … 5個
塩、胡椒 … 適宜
レモン … 小さじ2
オリーブオイル … 大さじ1
お好みで仕上げにパルミジャーノチーズ

作り方

  • 1.
    たまごは固ゆでに、
    穀物は柔らかくなるまで
    ゆでておくか、炊いておき、
    きのこは食べやすい大きさに裂いておく。

  • 2.
    ブラックオリーブは輪切りに、
    パセリはみじん切りにする。

  • 3.
    ゆで卵の白身は1cm大ほどに刻み、
    黄身はボウルに入れ、軽くつぶしておく。

  • 4.
    鍋に湯を沸かし、
    塩をひとつまみ(分量外)入れて
    きのこ類を20秒程さっとゆで、
    湯をしっかり切って、
    黄身を入れておいたボウルに加える。

  • 5.
    その他の材料も全てボウルに加え、
    全体をさっと軽く混ぜる。

  • 6.
    器に盛り、
    お好みでパルミジャーノチーズをふる。

日本では「味と香り」、西欧では「形と食感」が重んじられるといわれる、きのこ。古今東西、森の恵みに感謝の舌鼓です。

◉レシピ:はやみずときこ

東京造形大学卒業後、デザイン会社勤務を経て2011年鹿児島に移住後、
2013年にフードスタイリストとして独立。
雑誌、広告の仕事の傍ら鹿児島市に「chipie -saloon of foodies-」という名のアトリエで
料理教室などを開催している。
https://www.instagram.com/chipie_foodstyling/

秋の旬食材「きのこ」について、『SAiN』66olt号でも詳しくご紹介しておりますのでどうぞご覧ください。『SAiN』のお申し込みはこちらから☞

<おもやの食卓 これまでのレシピはこちらから>

おもやの食卓

母屋の会 フェイスブック

SAiN