KAIKEN

カイケンコーポレーション

MENU

消防士のご主人が選び、ご夫婦それぞれの希望をかなえた住まい

●鹿児島県 薩摩川内市 T様 新築

消防士のご主人と介護施設にお勤めの奥様の新居は、2021年に誕生したばかり。
住空間のすみずみにまで、お二人のこだわりとアイデアが生かされた素敵なお住まいにおじゃましました。

カーポートから玄関へ続くアプローチ。素敵な雰囲気です。
スタイリッシュな外観デザイン。建物右側の来客用と、左側の家族用の2つの玄関があります。

迷子になった末にたどり着いた「空気感の違い」

ご結婚を機に、新築することになられたT様ご夫婦。

ご主人の実家近くに土地は買われていたそうで、あとはどの住宅会社・工務店で建てるか、いろいろと検討されたそうです。
奥様はご主人を信頼して「好きなところにしたら」と任せられていたそうですが、ご主人は「ハウスメーカーはそれぞれ特徴があるので、けっこう迷ってましたね」。

旭住宅さんを知ったのは、旭住宅さんで新築されていた消防局の同期の方のご紹介でした。
モデルハウスを見学され、まず感じられたのは「空気の違い」と「木の床の肌触りの心地よさ」。
ただ、もともとシンプルでスッキリしたデザインのお住まいにしたかったこともあり、木の存在感が全面に出ていたところが気になられていました。

「その後、いろいろなお洒落な家とかいっぱい見てまわったんですが、どの家にすればいいのか迷子になってしまって・・・」

悩んだ末、T様は旭住宅さんの家づくりに戻られることになりました。

見学会に何度も足を運ばれ、さつま見学工場のモデルハウスで体感宿泊もされて、奥様も木のお風呂などを気に入られました。

「やっぱり、木の香りと空気感が他とぜんぜん違って。旭住宅で納得のいくデザインで建てようと決めました」。

気になっていた火災の経験

また、消防士であるご主人には、火災現場での経験もありました。
軽量鉄骨造りの場合、10分程度で強度が落ちて崩れてしまうので、救出の突入が難しくなってしまうようですが、木造の場合、トラッキング現象による火災現場でも壁や構造は大丈夫だったそうです。
この点なども、木の家を選択された理由のひとつのようです。

お二人のこだわりをプランに生かす

実際のプラン作りでは、ご主人と奥様にそれぞれのこだわりやご要望があり、予算との兼ね合いでの着地点を見出すため、多くの打ち合わせを重ねられたそうです。

見学会でご覧になったお気に入りのお住まいの間取りや、建築関係のお仕事をされているご主人のお父様のアドバイスなども参考にして、木の見せ方をシンプルにし、天井にも漆喰を使った明るくスッキリとしたデザインの住まいが生まれることになりました。

お二人それぞれに理想のイメージがあり、打ち合わせを重ねるごとにアイデアが出てきたそうです。

すっきりデザインされた明るく気持ちのいい住空間

ご主人と奥様のご希望をかなえたお住いは、開放的な吹き抜け空間にバーカウンターを設けたお洒落なLDKをメインに、お客様のおもてなしにも最適な小上がりの和室、将来の分室も考えてあらかじめ2つの出入口を設けた洋室(こども部屋)、寝室、という平屋建ての3LDKです。

木の香りとすっきりしたデザインが心地いい、吹き抜けのLDK。

吹き抜けが開放的なLDKは、漆喰壁の上部に設けられたスタイリッシュな窓がデザインのポイントになっています。
堂々とした5寸角(約150mm角)の柱は、安心感と同時にナチュラルな雰囲気を空間にプラスしています。

暮らしを素敵に彩るお二人のこだわりがいっぱい

来客用の玄関に飾られた木のウエルカムボードも、住まいの雰囲気にぴったりです。

T様邸の玄関は、来客用と家族用の2つ。
お住いは広めですが、モノをあまり増やさない主義ということもあり、収納スペースはあえて控えめに。
和室、洋室(子ども部屋)、寝室の各部屋の広さも最小限にして、広々としたLDKが生み出されています。

サプライズでおもてなしする和の空間

奥様のこだわりの場所のひとつが、和の空間。
来客用の玄関に入ると、目の前に漆喰壁がアーチ型に切り取られ、美しい緑色の襖が現れます。
その襖を開けると、小上がりの和の空間が広がっているのです。

LDKから見た小上がりの和室。左手奥が来客用玄関、右手奥が家族用の玄関につながっています。

和室に入って天井を眺めると、表情の違うデザインが凝らされていて、目を楽しませてくれます。
吊り押入れの襖も、和室入口の襖に合わせた素敵なデザインのものが選ばれています。

塗り方をデザインしたナチュラルモダンな漆喰壁

漆喰の壁は「いいなと思う塗り方を調べて、左官さんにお願いしました」と奥様がおっしゃるように、場所によって違う塗り方で仕上げられています。

構造材をいかしてお洒落な飾り棚に

構造材の筋交いを「見せる収納」として活用。

T様邸は「木の見せ方」にも気が配られており、中でも構造材となる筋交いをあえて見せ、「棚」として利用されているのは、素敵なアイデアです。

晴れた日に思いっきり洗濯して気分もすっきり

洗濯スペースと一体になったタイルテラスは、バーベキューなども楽しめます。

「天気がいいお休みの日には、洗濯を3回するときもあります」とおっしゃる奥様。
この新居になって、家の外に心おきなく洗濯物を干せるスペースができたので、シーツなどたくさん洗濯したくなるのだそうです。

タイルテラスは、住まいの内と外をつなぎ、日なたぼっこしながらのコーヒータイムや、バーベキューなども楽しめる便利なスペースです。

ランドリーはタイルテラスと一体になって家事動線もスムーズ。
自分たち用の玄関があると、やっぱり便利なのだそうです。

にぎやかな家族たちにも心地よく

新居への引越しにあわせて飼い始めたトイプードルのチコちゃんと、以前から飼っていたコザクラインコたちも、大切な家族の一員。
屋外と一体になった室内のタイルスペースが、インコたちの場所になっています。

「ペットのにおいも気にならないですし、賃貸の時は鳴き声とか気になっていたんですけど、そんなストレスもなくなりました」(奥様)。

これからの楽しみは、樹木の成長やエクステリア

新居で暮らすようになって、「休みの日に家で過ごすことも多いですね」というご主人。
趣味のDTM(デスクトップミュージック:パソコンを使った音楽制作)などを楽しまれています。

これからは、「お庭のエクステリアを自分たち好みにととのえていくのが楽しみ」というT様ご夫婦。

T様邸のお庭には、フェイジョアとジューンベリーの樹が植えられています。
その樹々たちが成長し、美味しい実をつける頃、T様邸のお住まいは、より風合いを増した自然素材と、日々の暮らしの中で育まれていくお二人のアイデアで、さらに魅力的になっていることでしょう。

この家をつくった工務店

旭住宅(株)

〒895-0012 ⿅児島県薩摩川内市平佐町1750
TEL:0996-25-0945